イニスフリーのパウダー人気順!種類やパクトとの違いについても調査

K-カルチャー
アイキャッチ

今回ご紹介するイニスフリーパウダーは、

持ち歩きにも便利なコンパクトなサイズで、

パッケージも男性も女性も使えるようなシンプルなデザインになっているので、

老若男女問わず、大人気のフェイスパウダーということで有名ですよね。

さらに、イニスフリーパウダーにはたくさんの種類があり、

様々なお肌の悩みや、メイクアップの悩みに合わせられるようになっています。

しかし、いろいろな種類がありすぎて自分に合うパウダーがわからない…。

同じ商品名でパウダータイプとパクトタイプがあるけど何か違いはあるのかな?と

思っている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、

  • イニスフリーパウダーの種類を人気順に紹介!
  • イニスフリーのパウダーとパクトの違いは?

についてまとめています。

ぜひ最後までご覧くださいね☆

イニスフリーパウダーの種類を人気順に紹介!

イニスフリーパウダーの種類には大きく分けて、

肌に色が乗りにくくメイクに影響が出にくい『クリアタイプ』と、

パウダー自体にほんのり色がついていてメイクアップ効果を持っている『カラータイプ』の二種類あります。

そしてさらに、イニスフリーパウダーは全部で10種類あり、

サラサラ肌を持続させるパウダーや、しっとりと保湿してくれるパウダーなど、

さまざまなタイプがあります。

お肌の悩みや、普段のメイクに合わせてイニスフリーパウダーの種類を選び分けるとき、

この記事を参考にしてもらえるように、値段や口コミも併せてご紹介していきます!

人気No.1ノーセバムミネラルパウダーN

5g・825円(※2022年6月13日 12:05:45時点 楽天市場での税込価格です。)

@コスメの口コミ

22歳 乾燥肌

大好きな商品で何度もリピートしています

これがなくては前髪の治安は保てません(^_^)

本当にサラッサラになるので、乾燥肌の私はのせ過ぎ注意です

おでこに前髪が張り付くあの不快感から解放されます

持ち歩きしやすいサイズ感も◎です!

@コスメでの販売ランキング人気No. 1は、

やはり一番有名な「ノーセバム ミネラルパウダー N」でした。

このパウダーは、皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが、

過剰な皮脂を吸着してくれるようになっているので、つい触りたくなる、

すべすべなお肌に仕上げてくれます。

また、長時間メイクをしていても、

テカりをおさえてサラサラ肌になるように皮脂をコントロールしてくれるので、

日中メイクをしていても肌がくすんでしまう原因の一つである余分な皮脂を、

吸着することでいつでもお肌をワントーン明るく補正してくれたり、

上記の口コミにあるように、おでこに前髪が張り付かないようにしてくれたりします。

よって、長時間ベースメイクが崩れにくく、メイクしたての明るいお肌をキープしてくれます。

そしてイニスフリーは、成分にもこだわり、イニスフリーパウダーは共通して、

無添加処方となっているので肌に優しいことも嬉しいポイントです。

人気No.2ポアブラーパウダー

詳細は画像をクリック

11g・1,980円(※2022年6月13日 12:05:45時点 楽天市場での税込価格です。)

@コスメでの口コミ

23歳 乾燥肌

これを付けるだけマスクヨレが気にならなくなります。

ノーセバムミネラルパウダーよりもお高いですが、

少量でもかなりサラサラにしてくれるのでコスパ自体は悪くないと思います。

何より粉自体がかなりキメ細かく毛穴や凹凸をぼかしてくれる気がします。

乾燥肌の私は特にフェイスラインに重点的にパウダーを乗せるようにしてます。

乾燥肌さんが使う時はパウダー乗せ過ぎには注意です!

次にご紹介するパウダーは、お値段は上がりますが、

先ほどの「ノーセバム ミネラルパウダー N」よりも、キメ細やかな微粒子のフェイスパウダーです。

このパウダーはとても細かい微粒子のパウダーでできているため、

口コミにもあるように、毛穴や凹凸をぼかし、シルクのようなスムース肌に仕上げることができます。

また、ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビのもとができにくい成分となっています。

人気No.3ノーセバムミネラルカラーパウダー

詳細は画像をクリック

5g・825円(※2022年6月13日 12:05:45時点 楽天市場での税込価格です。)

@コスメでの口コミ

34歳 普通肌 女性

昔、ミネラルパウダーを使用していましたが、カラータイプを見つけて久しぶりに購入しました。

日焼け止め→化粧下地の上にパウダーブラシで塗っています。

バイオレットカラーのお陰でくすみも飛び、夕方までテカリませんでした!

パフを使用するとパウダーの穴が詰まってしまった記憶があるので、

そこを改善してもらえれば☆7つです。

上記の口コミにもあるように、このパウダーは「カラータイプ」のパウダーになっていて、

ベースメイクの仕上げや日中のメイク直しに使用すると、

毛穴や気になる凹凸をふんわりカバーすることはもちろん、

ファンデーションだけでは足りなかったお肌のトーンや、

メイク後、時間が経つに出てくる肌のくすみを補正をし、

皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが過剰な皮脂を吸着し、

メイクしたてのようなさらさらなお肌を持続してくれます。

さらに、1.バイオレットはくすみ・黄みの補正に、

2.グリーンは赤みの補正に、

3.ピーチは血色感と透明感アップにしたりと、

お肌のトーンなどの悩みに応じて使い分けることができます。

人気No.4ノーセバムフィニッシングパウダー

詳細は画像をクリック

10g・1,580円(※2022年6月13日 12:05:45時点 楽天市場での税込価格です。)

@コスメでの口コミ

27歳 普通肌

ノーセバムミネラルパウダー×ヴォルカニックパウダーにより過多分泌皮脂を吸着してくれます

皮脂吸着に優れているので乾燥が気になるときは

しっかり保湿してから使用してました

仕上がりはサラサラで毛穴を綺麗に隠してくれます

ほんのりベージュ色のパウダーで白浮きもせず

持ち歩きやすいサイズなので化粧直しにも最適◎

皮脂コントロールパウダーなので梅雨の湿気や汗をかきやすいこれからの季節におすすめ

このパウダーも、「カラータイプ」のパウダーになっていて、

お肌トーンやくすみを自然にカバーし、余分な皮脂を抑えて、

テカリのないセミマット肌に仕上げる皮脂コントロールパウダーです。

また、皮脂を吸着・コントロールするパウダーと、

火山灰から作られた皮脂吸着成分のヴォルカニックパウダーのW効果で、

しっかりめに皮脂をコントロールしてくれます。

よって、口コミにもあるように乾燥肌の方は、このパウダーが一番乾燥しやすくなってしまうので、

テカリやすいTゾーンのみでの使用をおすすめします。

人気No.5ノーセバムモイスチャーパウダー

詳細は画像をクリック

5g・1,056円(※2022年6月13日 12:05:45時点 楽天市場での税込価格です。)

@コスメでの口コミ

18歳 乾燥肌

オススメです!!さらっっっさらになります!!

私は乾燥肌ということもありおでことフェイスラインだけにしか使っていませんが、

これをはたくだけでおでこがスケートリンクになります。

前髪とおでこの間の湿気によって前髪が崩れることはありません

(ただし雨の日は普通にやられます、これは雨による湿気なのでどうにもなりません)。

脂性肌の方にはぴったりかもしれませんが(もちろん違うのでわかりません)、

乾燥肌の方が頬などにつけると普通に砂漠になります。

本当に乾燥しないところにつけることをおすすめします。

全顔につけるとなるとわかりませんが、

私のように部分使いならコスパはいいと思います、

なかなか無くなりません!ずっとリピします!

このパウダーも「カラータイプ」のパウダーで、

ほんのりベージュ色のパウダーなので気になる毛穴もしっかりカバーしつつ、

ミネラル皮脂コントロールパウダーが自然なツヤを与え、ふんわりツヤ肌にしてくれます。

しかし、上記の口コミにもあるように、乾燥肌の方には、

髪の毛などが張り付きやすいフェイスラインなどにおすすめのパウダーになっています。

もちろん脂性肌の方には、顔全体に使用することで、

皮脂吸着パウダーが余分な皮脂を優しく吸着してくれて、お肌をさらさらに保ってくれます。

イニスフリーのパウダーとパクトの違いは?

画像:innisfree韓国公式ショップ

今回ご紹介した、イニスフリーパウダーには、

「パウダー」と「パクト」と異なるタイプが販売されています。

この「パウダー」とは、ふわふわでサラサラの粉のまま使用する「ルースパウダー」のことで、

「パクト」とは、ふわふわの粉を圧縮して固形にした「プレストパウダー」のことをいいます。

それぞれ、形状や使用感が違っています。

ちなみに、パウダーとパクト、それぞれのメリットやデメリットは、

以下のようになっています。

パウダー…さらさらした粉状で粉飛びしやすいが、広範囲をふんわりとカバーしやすい。

パクト…パウダーが圧縮されて固形になっているため、使用中でも粉飛びしにくいが、人の力が加わりやすいので塗りムラができやすい。

 

このように、パウダーはお家の中など、

粉とびしても他の人に迷惑にならないシーンで使用することがおすすめで、

パクトは、鏡つきのコンパクト型になっているので、

お出かけ先でのメイク直しのシーンにおすすめです。

まとめ

この記事では、

  • イニスフリーパウダーの人気順は、
    「ノーセバム ミネラルパウダーN」、「ポアブラー パウダー」、
    「ノーセバム ミネラルカラーパウダー」、「ノーセバム フィニッシングパウダー」、
    「ノーセバム モイスチャーパウダー」となっています。
  • イニスフリーのパウダーとパクトの違いは、
    ふんわり乗せられるパウダーはベースメイクの仕上げに、
    粉とびしにくいパクトは外出先用におすすめなので、用途別で選ぶと使いやすいです。

についてまとめてきました。

ぜひこの記事を参考に、あなたの肌の悩みやメイクのシーンなどにピッタリな

イニスフリーパウダーを選んでみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました